薄毛が気になったら|若い女性も油断禁物|女性育毛剤で頭皮を元気に!
男女

若い女性も油断禁物|女性育毛剤で頭皮を元気に!

薄毛が気になったら

育毛剤

薄毛は男女共通の悩み

薄毛の悩みといえば、イメージ的には男性のものと考えられがちですが、実は女性にも少なくないのです。ただし男女では薄毛になる原因に違いがあり、男性は主に男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが多くなることで起こると考えられていますが、女性の場合は年齢や生活環境、習慣などその原因が多岐にわたるとされています。中でも最も多いとされるのが、40代の頃からよくみられるホルモンバランスの崩れが原因のものです。女性は40代の頃から、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少します。このエストロゲンは髪の美しさや健やかさを保つホルモンですが、これが減少することでそれまでの良好な状態を維持できなくなってしまうのです。このように男女では原因が異なり、それにより治療方法も異なるため、たとえ男性に効果が高いといわれる育毛剤であっても女性には効果がない、もしくはかえって悪影響になるケースがあるため注意が必要です。

改善に向けて

女性の薄毛の原因は様々ですが、改善に向けての対策には共通のものがいくつかあげられています。まず1つは、生活習慣の乱れを正すことです。中でも睡眠時間は大切で、睡眠をしっかり取ることで成長ホルモンの分泌が促進され、髪が健康に生まれ育ちやすくなると言われています。この他、髪と頭皮に良好な環境を与えるアミノ酸系シャンプーの利用、ストレスをうまく発散させることなどが推奨されています。さらに、積極的な改善として育毛剤の使用があげられます。ここ最近、女性用育毛剤が多数市場に登場し、大きな注目を集めています。ただこれらの育毛剤には、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3種類があり、それらの違いがわかりにくいという声が少なくないのです。簡単に説明すると、医薬品は治療効果が認められたいわゆる薬と呼ばれるものです。これらは効果が高いものですが、ただし副作用の可能性もあるため使用する際には医師等の専門家に相談するなどの注意が必要です。医薬部外品は医薬品より効果はやや薄くなりますが、作用が穏やかなことから長期間使用することが可能です。化粧品はさらに薬用効果が薄いもので、主に髪や頭皮の保湿や清浄が目的です。